千葉裕blog 経験豊富な小学生

突然!【千葉裕のギター弾き語り教室】を開講♪自転車の空気を入れた♪

2008年10月30日

あなたの夢は生きていますか?どこかに売り渡していませんか?!

20年前のヤングジャンプ(マンガ週刊誌)に『夢銀行』(吉田ひろゆき作)という読みきりの作品がありました。24ページで、ある少年が大人になり、老いていくのを描いた作品です。吉田ひろゆき氏は、『Y氏の隣人』という、代表作があるんで、ご存知の方もいると思います。

簡単に紹介します。


ある病院で男の子が生まれ、将来の適性検査の結果、一番一般的なコースと診断されます。時は流れ、小学生になり、学校で将来になりたいものを書くことになりました。ほとんどの子供達は安定を求め、公務員など差しさわりのない希望を書きますが、その少年は「プロ野球の選手になって活躍したい!』と書いたのです。適性検査が一番一般的なコースと診断されているにもかかわらずです。

まわりの友達からもバカにされ、学校の先生と両親との相談の上、早いうちに手を打たねばと【夢銀行】に連れて行かれます。

夢銀行で、機械にかけられ大脳を刺激し、夢を取り除かれてしまうのです。

その作業の間、意識の中で、少年は毎日毎日、野球の練習をしています。

そこに、夢を食うバクのおじさんが現れ言います。

「君は身体も大きくないし、運動神経も人並みだろう・・・大変なんだよ、プロになるのは・・・」

少年は言います。「でも一生懸命に練習すれば、なれるかもしれないだろ?!やってみないとわからないさ!」

バクおじさんは「でも、人間には生まれながらの能力というものがあるんだよ」「見当違いの努力ほど愚かなことはないし、結果が出なければ、何もしていないのと同じだからね・・・」そして「愚にもつかない夢はあきらめて、あきらめの溜息をつきなさい」と、少年の夢を吸い込み、消えて行きました。

意識を戻した少年に、担任の先生は聞きます。「まだプロ野球の選手になりたいのかい?」
すると少年は、「そんな能力はないさ・・・普通の勤め人が一番さ」と言うのでした。


その少年は、普通に大人になり、普通の会社に勤め、平穏無事な人生を過ごしました。

定年を迎えたある時、一通の手紙が届きます。それは夢銀行からの、夢の満期のお知らせでした。


そして夢銀行に行き、また機械にかけられます。その無意識の中で、あの夢を食うバクのおじさんに再会します。

バクおじさんは「長いこと、お勤めご苦労さん。夢を返そうじゃないか」

元少年、今は定年を迎えた初老になって、今更なんで夢を返すのかを聞きました。

バクおじさんは言います。「あなたの人生はもう黄昏だ。幼かったあの頃とは違い、今更夢を叶えようとは思わないでしょう。」

・・・と、利息がついて、大きく膨らんだ夢を返すのでした。

しかし夢を吸い込んだものの、吐きだしてしまいます。

老いさらばえた今の私には、あの頃の希望に満ちた夢を、楽しめるだけの余力はもはや残っていなかったようです・・・


利息がついて、ふくらんだ夢でも、一度失ったものは取り返しがつかない。それが、夢というものです!

・・・と、終わります。


その頃、講演でこの話をしたことがあります。

雑誌をその部分だけ切って保存してありました。

読み直してみて、20年前よりもリアルに感じたのは、気のせいでしょうか?!


fdw1 at 21:42│Comments(6) 夢の実現 

この記事へのコメント

1. Posted by 霧やん   2008年10月31日 00:35
少年の言うこと、バクおじさんの言うこと・・・

どちらの言う事も理解できます。

この話しを読んで(聞いて)、少年を自分に置き換えたら・・・

はたして今の自分はどうか???

「結果が出なければ、何もしていないのと同じだからね・・・」

この言葉は・・・大変重みのある言葉だと思います。

夢は夢だけで終わらせない!・・・

「夢叶」・・・夢は叶えるもの。。。



2. Posted by 速水涼子刑事   2008年10月31日 00:39
星新一の短編にありそうなストーリー展開ですね。
Gメンをリアルタイムで見ていた頃、星新一モノも割と好きで、よく読んでいたものです。

昔読んだ本って、読み返すとリアルに迫ってくるものが多いですよね。
3. Posted by 千葉裕   2008年10月31日 01:02
普通は、バクおじさんのように考えたりしますよね。

だから、人生も普通の人生になります。

夢のある考えをしたら、夢のある人生を送れます。

どちらを選ぶのかは、もちろん自由だけど、後悔しないためには、したいことをする人生を選ぶことしかないと思いますね。

・・・星新一は、結構好きで読みました。

そういえば、そんな感じですね(^^☆
4. Posted by 霧やん   2008年10月31日 03:01
あの時にしておけばよかった・・・と、後悔しないように、

したいことをしたほうがいい・・・私はそう思います。

そして先日からやりたいことが1つ増えた(^.^)・・・

やりたいこと、やってみたいことが、たくさんある中で、

やってみたかったことが・・・実現できそうな予感(^^♪♪♪

本格的にやりたい!
5. Posted by てつお   2008年10月31日 08:39
親が子供に夢をたくすっていうのはよく聞くことですが、
これもある意味、夢を子供に売っているのかなと思います。
たとえ夢を売る相手が夢銀行ではなく、親や友達、兄妹だとしても
私は自分自身で夢を叶えたいです。
6. Posted by 霧やん   2008年10月31日 10:53
偶然でも必然でもない

自分の人生は自分で決めるもの

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

突然!【千葉裕のギター弾き語り教室】を開講♪自転車の空気を入れた♪